5年目の看護師は転職に丁度良いタイミング

看護師の仕事をしている方は、幅広い方がいますが、その中でも看護師として働き始めて5年目という方は、とてもチャンスの多い年代です。看護師として一通りのスキルや経験が身に付いてきて、自分の判断で様々な事が行えるようになって来る年代です。

そうしたタイミングで転職を考える方は、明確な理由を持って転職活動をする方も多いです。色々なバランスが取れているという意味で、5年目の看護師の方は転職には向いている時期と言えます。

仕事の経験に関しては、5年目の看護師の方は一つの区切りとも言える年代で、チームリーダーをこなせるようになっているなど、看護師の基本的な仕事をしっかりと対応できるようになる頃です。

転職の際にも即戦力になる方はとても貴重なので、応募した時にも、ぜひ来てほしいと言って貰える事も多いです。自分のスキルの見直しをして、アピールできるポイントをはっきりとさせておきましょう。特別な経験がある方もいるので、そうした経験も洗い出しておきましょう。

また、年代的にも落ち着きが出てくるのが5年目の看護師の方の特徴です。20代も後半にさしかかり、20代前半の方に比べて年齢を意識する方もいますが、看護師の業界では丁度良い年齢と言えます。

患者さんの中には、新人の若い看護師の方だと不安を感じるという方もいますが、5年目の看護師の方は、患者さんとも上手くコミュニケーションをとる事ができ、若さと落ち着きの安心感を与えられる方が多いので、喜ばれる事も多いです。

また、医師や他のスタッフとの人間関係にも慣れ、上手くこなしていける方も多いです。その経験からくる自信があるので、職場内で起こる様々な事に対しても、あまり動じずに対応できるようになります。

信頼されて仕事をお願いできる人材なので、更に積極的に頑張っていけば、よりキャリアアップを目指せる位置にもいるのです。このように、5年目の看護師の方はメリットが多くあります。そのメリットを最大限生かして転職活動をしていきましょう。

メニュー

ページの先頭へ