3年目の看護師の、転職で採用されやすいタイプ

経験年数3年目の看護師の方は可能性もまだまだあり、転職市場の中での職場からの印象も、ぜひ来て欲しいと考えて貰える事が多い年代です。ただし、3年目の看護師の方の中でも、採用されやすい方とそうでない方に分かれます。

そのポイントをしっかりと押さえた上で転職活動を行うと、よりスムーズに転職活動をしていく事ができます。3年目の看護師の方で採用されやすいポイントの一つ目としてまず挙げられるのは、長く働いてくれる方です。

看護師業界は人の入れ替わりが激しい業界です。やはり女性が多く活躍している業界なので、結婚や出産、育児などの家庭の事情で退職する方が定期的に出ており、どの職場も急な人手不足を補うために採用活動を頻繁に行っています。

そのため、なるべく長く働いてくれる人材を求めています。面接の質問でも良く聞かれますが、少なくとも、長く働きたいという意欲を持っておくようにすると、面接の際にも好印象です。

次にポイントとなるのが、性格です。看護師の仕事は患者さんの立場に立って仕事をしたり、複数の看護師でチームを組んで仕事をする事も多くあります。

そのため、自分一人で勝手な行動を取ってしまったり、自分の意見を聞き入れられないと不満を感じるなどの傾向のある方は、避けられる傾向にあります。これは他の業界でも当てはまる事かもしれませんが、なるべく相手を尊重して考えられる方が求められています。

次に仕事に対する意欲のある方です。3年目の看護師の方と言うと、まだこれから伸びしろの多い人材なので、今後も看護の仕事を興味を持って積極的に取り組んでくれる方を職場側は求めています。

それに加えて、働く病院についても興味を持ち、その経営方針などにも共感できる方だと、更に好印象です。若さを生かして、元気に明るく働いてくれる方を、職場側は求めています。以上のような3つのポイントを押さえて、転職活動をしていくようにしましょう。

メニュー

ページの先頭へ