看護師として3年目の方のメリット・デメリット

石の上にも3年という言葉を良く聞きますが、看護師の業界も、3年目は一つのタイミングと考える方は多いです。3年目の看護師の方は、まだまだキャリアとしては浅く、新人に近いレベルではありますが、何よりもまだ若く、その分、可能性や将来性という面ではとても大きいものがあります。

最近は3年目を境に転職を考える方も多くなっていますが、メリットもあればデメリットもあります。それぞれを良く理解して、転職活動をしていきましょう。

まずメリットの一つ目として挙げられるのは、看護師としての基本ができているという事です。3年看護師の仕事を経験すれば、まだ荒削りな部分はあるとしても、ある程度万遍なく看護師のスキルが身に付いてくる時期です。

そのため、全くの一から教育や研修を行ったりする必要がなく、社会人としての基本を教える必要もありません。職場側からすると手間のかからない人材と言えます。さらに新卒の方と同レベルの若さもあるため、とても有難い存在なのです。

次に、3年目の看護師の方は、チームでの仕事ができるという事です。経験の浅いうちは、チームの一員として、責任を持って仕事を果たすには難しい面がありますが、3年目の方になると、ある程度チームとして動くのに十分なスキルを備えており、人によってはリーダーの経験がある方もいます。

そのため、戦力としても通用する方も比較的多いです。また、夜勤ができるというのも大きなメリットです。新人看護師の方は夜勤ができないため、貴重な存在です。

特に夜勤は体力も必要になりますが、3年目の若い看護師の方は体力的にも十分ある方が多いので、対応しやすい方が多いです。むしろ収入重視でもっと働きたいという方もいるため、こうした面でもメリットです。

逆にデメリットは、まだ十分に足りていない経験やスキルがあるという事です。これは経験年数的に仕方のない事ですが、積極的に学ぶ姿勢はこれからも忘れずに、仕事をしていくようにしましょう。

メニュー

ページの先頭へ