看護師と出産について

出産後に看護師として職場復帰したいと思っているのであれば、託児所付きの病院を選択してみてはどうでしょうか。 看護師は女性が多い職種ということもあり、育児支援に力を入れている病院は珍しくありません。
保健師のお給料・年収について

もちろん、病院の託児所を利用せずに一般の保育園などを利用して働いている人もいます。 しかし、保育園を利用する場合、なにかと制限がかかってしまうこともありますよね。

病院が用意している託児所であれば働く人の都合などを優先してくれるため、保育所に預けるよりも働きやすいのが魅力です。 また、病院にある託児所ならば、仕事に行った時に預けて、仕事が終わったらそのまま連れて帰ることができます。

保育所の場合、どうしても送り迎えに時間がかかってしまうので、この点を考えても託児所付きの保育所のほうが働きやすいと言えるでしょう。 それに、なんといっても費用が安く済みます。

一般的な保育所に比べると費用が半額程度で済むこともあるため、経済面でも助かるはずです。 ただ、便利であると同時にデメリットを感じてしまう人もいるようです。

例えば保育所に預ける場合、保育所が休みの日はそれを理由に仕事を休むことができますが、病院が用意している託児所の場合、基本的に休みなく預かってくれるのでこの理由で休むことはできません。 それに24時間体制で預かってくれるところが多いため、保育所の迎えの時間までに帰らなければならないという理由が通用しなくなってしまいます。

出産後の育児に対して全く支援をしてくれない病院だと、仕事と子育てを両立させることが難しいですよね。 託児所を用意しているような病院は、子育てに関して支援をしてくれる病院だと判断することもできます。

子育てをしながら働きやすい職場を探すためには、主婦の看護師が多く働いている職場を探すというのがポイントです。 子供の学校行事などで急な休みを取ることになった場合、同じ子供を持つ親が働いていれば、快く休みの交換などをしてくれるはずです。

未経験から看護師になる

ベテランの看護師でも、誰でも最初は未経験からのスタートです。 中には経験者のみを募集している求人もありますが、未経験者でも採用してもらうことができる求人もたくさんあるので安心しましょう。

おすすめなのが、研修に力を入れている病院を選択するということです。 未経験者でも可としている病院の中には、採用はするものの研修にはそれほど力を入れていないというところもあるからです。 当然、そういったところでは戸惑うことも多くなってしまうでしょう。

当然のことですが、未経験だから仕事が楽だというわけではありません。 慣れるまでは過酷な仕事だと感じてしまうこともあるかもしれませんが、仕事を覚えていくことにより、徐々に自分らしく仕事をすることができるようになります。

理解しておかなければならないこととして、未経験者でも応募可能としている求人があったとしても、経験豊富なベテランがいればそちらを優先して採用するのは仕方がないということが挙げられます。

特に看護師という仕事は人材が不足しがちなので、どの病院でもできるだけ優秀な人材を獲得したいと思っているのです。 それから、未経験者を積極的に採用している病院の中にはとにかく人手が足りていないため、資格を持っている人ならばとりあえず採用というスタイルを取っているところもあるようです。

この場合、一人あたりが担当する業務がハードになりがちなので、自分でも続けられる職場なのかよく確認してから応募する必要があります。 未経験から看護師の職探しをしたいと思っているのであれば、就職・転職の支援サイトを活用してみるといいですね。

支援サイトを活用すれば、未経験者でも採用されやすい職場を紹介してもらうことができます。 それに、実際に看護師として働いたことがない人の場合、どういった職場が自分に合っているのか想像することも難しいでしょう。


就職・転職支援サイトには各職場について深い知識を持っているコンサルタントがいるので、無理なく働ける自分に合った職場を一緒に考えてもらうことができます。

准看護師の給与事情

准看護師の給与などはどの程度なのか気になりますよね。2010年にある機関がデータを収集した結果によると、新卒の准看護師の年収は250万前後、全体でみると400万円前後というものでした。給与にすると大体28万円ほど、ボーナスになると64万円ほどだったそうです。

看護師と比較すると、10%ほど少ない年収となっています。ちなみに准看護師さんの平均年齢が45歳となっており、一番下の年齢の准看護師さんは20歳として、経験を積むごとに報酬は増加していく形です。

なぜ看護師さんと給与に隔たりがあるかというと、都道府県知事資格である准看護師さんに対して、看護師さんの場合は国家資格であること、受ける教育の中身や時間の違い、また行うことの出来る業務範囲なども関わって来ます。

お医者さまや看護師から指示を受けて動く准看護師と、自分で判断を行う看護師とでは行える業務が違う、という建前的な部分です。実際は看護師も准看護師も、現場での業務内容に大きな差はありません。ですから施設によっては給与は変わらない施設もあります。

勤めている施設によっては看護師と准看護師の給与が大きく異なる場所もありますので、転職する場合は納得できる職場探しをするのがポイントです。

上手く求人を選択でき、自分を表現することができれば、相場よりも多い給与をもらえる職場に転職することも可能になります。チャンスを得るためにも、まずは准看護師専門の求人会社に登録するのがオススメです。

自分の現状ではどの程度のお給料がもらえるのか、転職のプロに見てもらってください。待遇のいい求人に恵まれるのも転職会社に登録する長所だと思います。

新卒の准看護師さんのケースでは、相場を計るのは難しいかもしれませんが、キャリアを積んで来た准看護師さんがどの程度給与を手にできる力を持っているのか自分で判断することはなかなか難しいですよね。貰っている給与とその准看護師さんの力は釣り合いが取れているでしょうか。

またもし見合った報酬を手にできていたとしても、職場環境が負担になってしまっていたとしたら、やはり合わない環境で仕事をしているということにもなります。その場合は転職するのも一つの方法です。自分に合った施設で、正しい評価にあった報酬を手にしましょう。

メニュー

ページの先頭へ